冷え性を改善する暖房機器の効果的な使い方は?

寒い時期に活躍するのが暖房機器
体の冷えが気になる人にとっては欠かせないアイテムですよね!
エアコンをはじめとしてストーブ、ファンヒーター、オイルヒーターなど様々な種類があります。
エアコン自体は固定しているので一度設置してしまうと動かせないといったデメリットがありますが、ストーブやファンヒーターなどの移動が可能な暖房器具はどのように置いていますか?

実は置き場所を考えて変えるだけでも冷え性の人にとっては温め効率が良くなるんです!
他の家具などの配置で消去法的にここしか置く場所ないなーと思いつつ置いている事が多いと思いますが、冷え性対策、そして光熱費の節約も兼ねて暖房器具の置き場所について考えてみましょう!

理想は上下の温度差がない事!

暖房効率が良い部屋というのは部屋全体が温まっている状況です。

元々空気の温度によって冷たい空気は下に、そして温かい空気は上に行ってしまう傾向があります。

お部屋の空気、そんな感じで温度差がありませんか?
お部屋の床部分の温度感覚を覚えた後でベッドやテーブル、ソファの上などに上がって高い位置の温度感覚を調べてみた時に、下よりも上の方が温かい!とわかる位の温度差があったようであればお部屋の暖房効率があまりうまく行っていないと考えられます。
出来れば上下の位置で温度差がないようにするのがベストです。

温まるタイプ別、適している置き場所はこれ!


ファンヒーターなど温風が出る暖房器具の場合、暖房効率が良くなる置き場所は窓のあたりです。
窓から部屋の奥に温風が行くように行くと温風は部屋の奥の壁に当たり、そのまま上に対流して部屋の中を巡っていくので全体的に温まりやすいのです。
逆に部屋の奥の壁際から窓の方向に向かって置く人もいますが、温風が窓に当たる際に窓から入ってくる冷たい外気に当たってしまうので温かい空気が窓の位置でストップしてしまいうまく対流しません。
窓際に暖房器具を置く場合はカーテンから離しておくようにして下さい。

温風が出ない石油ストーブやオイルヒーターのようなじんわりと周囲に熱が放射していくタイプのものはお部屋の中央に置いたほうが暖房効率が良くなります

暖房効率をさらに良くするために

暖房機器の置き場所はある程度わかりました。
そして使い方によってはさらに暖房効率が良くなる方法があるのです。

まずはカーテンです。

薄手のカーテンを年中、使っていませんか?
出来れば夏と冬用でカーテンを分けると良いです。
厚手のカーテンを使用する事で温風を外に逃がさずに循環させることが出来ます。
そしてすき間が出来ないように閉めるようにして下さい。

そしてもう一つ、利用したいのがサーキュレーターです。

これがあると格段に部屋の温まり方が変わります!
コツはお部屋の真ん中あたりにおいて上に向けて作動させる事です。
上にたまった温かい空気を下の方に移動させることが出来、お部屋の空気の循環率が良くなります。

また、高い位置に設置できる場所があるようでしたら高い位置から下方向に稼働させる方法もおすすめです。

いずれも部屋の暖かい空気を循環させることが可能になります。
サーキュレーターはエアコンを稼働しているお宅でも空気の循環をさせることが出来るので1台あるとかなり便利になります。

石油ファンヒーターとガスファンヒーター、どっち?


寒い時期に活躍してくれるファンヒーター。
石油とガスがありますが、どっちを選べばよいの?と買う時には迷ってしまうかもしれません。

まず、コスト重視にしたい場合は石油ファンヒーターの方が安くなるといわれています。

そして早く温め効果を得たいという場合はガスファンヒーターの方が優秀です。

デメリットはどちらにもあって、石油ファンヒーターは給油自体が面倒に感じたり、石油のにおいが気になる人もいるかもしれません。

ガスファンヒーターの場合はガスの供給場所の都合もあるので置き場所がかなり限られてくると思います。

これらの特徴を理解した上でどちらが良いか選ぶと良いでしょう。

ガス、石油ファンヒーターや石油ストーブはいずれも換気が必要になります。
一気に換気しようとするとせっかくの温風も流れてしまうので、二か所程小さく窓を開け1時間に1回、もしくは2回ぐらい1、2分ぐらいの換気をするようにして下さい。


冷え性改善サプリおすすめランキング

たくさんある冷え性改善サプリの中から、実際に試して効果があったサプリを4つご紹介!
それぞれの成分・特徴や価格、口コミだけではなく粒のサイズも徹底比較!
どのサプリを選べばいいか悩んでいるなら参考にしてくださいね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA